お問い合わせはこちらまで

フリーダイヤル

0800-111-4848

TEL

0896-23-3522

日本一むし歯の少ない県は?|愛媛県四国中央市の歯医者 三島中央の歯医者 坂田歯科医院

坂田歯科医院
坂田歯科医院フリーダイヤル:0800-111-4848 TEL:0896-23-3522
坂田歯科医院 無料メール相談

TEL

MENU
お問合せ

よくあるご質問

坂田歯科ブログ

坂田歯科お知らせ

歯の豆知識

求人情報

日本一むし歯の少ない県は?

こんにちは!

四国中央市 坂田歯科医院 児山です。

 

随分と秋らしくなってきましたね。

院の玄関先の欅の木の葉が

少しずつ落葉し始めました。

なんだか物悲しい感じです。

 

突然ですが・・問題です。

12歳の子供のむし歯の平均が

日本一少ない県はどこでしょうか?

 

 

 

何とその県は

17年連続で日本一です!!

 

さ~ぁ どの県でしょう。

 

答えは・・・・

新潟県です!!!

 

 

 

どうして新潟県が

17年連続で日本一なのでしょうか?

 

日本一のお米がいいのかしら~?

どうして新潟県が日本一なのか?

今回はその秘密? 秘訣?について

お話をしようと思います。

 

この“子供のむし歯“の対象は

12歳児です。

 

12歳児といえば

永久歯がほぼ生えそろう時期です。

 

全国平均のむし歯数は

0.84本。

日本一むし歯の少ない新潟県は

何と!

0.4本!!!!

 

但し、このむし歯数には

治療済みの歯も含まれています。

 

むし歯が全くない

むし歯ゼロの子供の割合は

何と!!!

10人中8人!

すごいですね~ Σ(゚Д゚)

 

そのうえ

調査開始の1980年から

2016年の37年間で

むし歯ゼロの割合は

4倍に増加しているのです💦

 

新潟県は子供たちの

むし歯予防のために

何をしたのでしょうか?

まず ひとつめは

“保育所・幼稚園・学校などでフッ化物洗口の実施“

 

フッ化物洗口とは

“フッ素を含んだ溶液で口をすすぐこと”です。

1週間に1回、1分間

子供たちにブクブクうがいをしてもらう。

 

洗口後は飲食をしない事が理想です。

 

お口を水ですすがない事で

フッ化物がお口の中に

長くとどまるようになります。

飲食後歯から溶け出したカルシウムが

(脱灰といいます。)

お口の中に唾液と

フッ化物があることで

再石灰化のスピードが速くなります。

 

そのうえ・・

歯の結晶を少しずつですが

硬いものに変えていきます。

硬くなることで酸に対して

強い歯になり

むし歯になりにくくなるのです。

 

新潟県では

中学校卒業までの約10年間

フッ化物洗口を実施しています。

生えたての弱い永久歯をフッ化物で

保護することができているのです。

 

二つめは・・・

県全体でむし歯予防のための

システムを構築しています。

学校と歯科医院の綿密な連携が行われています。

学校検診後歯科医院を受診します。

歯科医院での処置内容を

学校から県へ報告。

 

つまり 新潟県では

歯科医院での処置内容を

県行政に集約する仕組みができています。

そこで県では

歯科医院での予防処置の基準を

統一しているのです。

 

そうすることで

どの歯科医院でも同じ予防処置を

受けることができます。

 

歯磨き指導や

食生活指導、フッ化物塗布

シーラントなどが予防処置です。

 

三つめは・・

県全体でむし歯予防に取り組んでいることです。

新潟県には

「子供の歯を守る会」という

連携のベースがあります。

 

「子供の歯を守る会」は

今から40年以上前に発足したそうです。

 

当時は子供のほとんどにむし歯があり、

むし歯が10本以上ある子供も

たくさんいた時代です。

確かに私が小学生の頃は

むし歯ゼロのクラスメイトなんて

ほとんどいなかったように思います。

実際私も歯科健診で必ず

むし歯が見つかりましたし

ずっと歯科医院に

治療に通っていた記憶があります。

その頃は歯科医院の件数も少なくて

受診自体が大変でした。

1時間待って3分治療の時代です・・・・

 

歯ブラシや歯みがき剤、フッ化物洗口液など

口腔ケアグッズが豊富で

予防に力を入れている歯科医院を選ぶことができる

今の子供たちが羨ましい気分です。

 

話を元に戻します。

新潟県の「子供の歯を守る会」は

歯科医師・医師だけでなく

教育関係者・行政・保護者等

様々な立場の方で構成されているそうです。

マスコミの方も情報発信して下さっているそうです。

重ね重ね 本当にビックリ!

そして素晴らしい取り組みですよね。

改めて予防の大切さを感じました。

 

さて ここからは

フッ化物洗口についてお話をします。

 

むし歯予防に効果的なら

新潟県のように・・

“子供にフッ化物洗口をさせたい!”と

お考えのお母さまたち・・・

 

フッ化物洗口はご家庭でもできます!

 

フッ化物洗口用のうがい薬は

顆粒を水に溶かして使用するタイプのものと

そのまま、又は薄めて使用するものがあります。

おすすめは

そのまま、又は薄めて使用するタイプのものです。

各メーカーから何種類か販売されていますので

かかりつけの歯科医院でご相談下さい。

 

フッ化物洗口液は

医療用医薬品です。

必ず歯科医院でのご購入をお願いします。

 

坂田歯科医院のお勧めは

バトラーF洗口液0.1%(サンスター)

 

 

 

 

フッ化物450ppm配合

洋ナシ香味

内容量250ml

 

11回歯磨き後に

510mlを口に含んで

30秒~1分間ブクブクうがいをして

吐き出すだけ・・・

 

その後は口をすすがず

30分は飲食を避けます。

 

就寝前のブクブクうがいが効果的です。

 

 

 

手軽に使用できますので

定期的にご購入していただいている方が

たくさんいらっしゃいます。

 

そして・・

フッ化物洗口は、子供だけでなく

大人のむし歯予防にも効果があります。

歯の象牙質が露出しているご年配の方

詰め物をしている方のむし歯の再発予防にも

効果が期待できます。

 

でも・・・

“フッ化物洗口すればむし歯にならない!”なんて

決して思わないでくださいね。

 

むし歯になるのは

色々な要因があるからです。

 

 

 

 

ですから

“フッ化物で歯を強くしたから大丈夫!”

ではないのです。

 

むし歯予防のために

まずは、歯科医院で

むし歯のチェックをして・・・

歯のクリーニングもして・・・

ご自分に合ったフッ化物洗口液、

歯の磨き方やフロスなどの使用法

むし歯になりにくい食生活(甘いものの摂取量)など

指導してもらうのが良いかと思います。

唾液検査(サリバテスト)も

ご自分の唾液の状態を知るにはおススメです。

 

 

 

 

ちなみに・・・

日本で二番目にむし歯の少ない県は

岐阜県・・・次いで

静岡県、埼玉県です。

最下位は沖縄県 1.9本・・・

 

勝手な思い込みで

沖縄県って健康的なイメージ・・・

何か身体に良さそうなものばかりって

感じですよね??(私だけ?)

 

我が愛媛県は0.9本・・・

全国平均以下です。(涙)

 

最近になって

四国中央市の小学校でも

フッ化物洗口を始めたそうです。

頑張れ~!!

目指せ 日本一!!

 

 

朝晩の冷え込みが強くなってきました。

お風邪など召しませぬように・・・

 

では また次回・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PAGE TOP