お問い合わせはこちらまで

フリーダイヤル

0800-111-4848

TEL

0896-23-3522

審美歯科|愛媛県四国中央市の歯医者 三島中央の歯医者 坂田歯科医院

坂田歯科医院
坂田歯科医院フリーダイヤル:0800-111-4848 TEL:0896-23-3522
坂田歯科医院 無料メール相談

TEL

MENU

審美歯科

“より美しく、機能的で、長持ちするお口”を目指して

坂田歯科医院では、単に歯をキレイに治すだけではなく、「より美しく、かつ機能的で、長持ちする」審美歯科治療を行っております。
審美歯科治療を受けることで、美しい口元と笑顔を取り戻すことができます。美しい口元から出る笑顔で、明るく充実した毎日を過ごしませんか?

坂田歯科医院では、患者様のご希望に合わせた治療方法をご提案しておりますので、お気軽にご相談ください。

メール相談

審美修復治療

被せ物(クラウン)・詰め物(インレー)といった補綴物による治療法です。
当院でご紹介している補綴物は、保険診療で行うレジン(プラスチック材)の補綴物に比べ、強度・耐久性に優れ、より自然な歯に近い審美性を再現することができます。

オールセラミック

歯質を大きく失ってしまった場合や、歯の色、形態を大きく変えたい場合は、セラミック(陶材)を用います。
オールセラミックは金属を使用していないため、自然な透明感があり、色調も周りの歯に合わせることができます。
前歯の治療に最適です。金属アレルギーのある方でも安心です。

症例1

大臼歯にオールセラミッククラウンを入れ、3年経過した症例です。
1つ奥の歯のコンポジットレジン(硬いプラスチック)修復が変色し、かなり劣化しているのに対し、オールセラミッククラウンは全く変化なく、美しいままです。


セット前。


クラウンセット直後。


クラウンセット3年後。

症例2


大きな欠損が見られます。


ファイバーのコア(土台)を入れたところです。


セラミックの歯冠を装着。

症例3

色、形、適合性、歯肉、等々、前歯に多くの問題がある患者様です。


銀歯が目立ちます。


自然な歯並びになりました。

e.max オールセラミック

技術の進歩により、美しく強度があり、さらに比較的低価格なオールセラミッククラウン治療が可能になりました。
金属をまったく使用していないため天然歯に近い審美性が得られます。

症例1


前歯が欠けています。


e.max オールセラミックで修復。


拡大写真

症例2


喪失した前歯の治療。


e.max によるブリッジ治療で修復。

症例3


歯と歯茎の隙間が気になります。


e.max オールセラミックで修復。

症例4


被せ物が割れて金属の土台も見えています。


e.max オールセラミックを装着。


拡大写真

症例5


臼歯の詰め物を入れ替えます。


e.max オールセラミックで修復。

症例6


臼歯にプラスチックの詰め物が入っています。


e.max オールセラミックで修復。

症例7


犬歯と他の歯の色に差があります。


e.max オールセラミックで修復。

症例8


犬歯の銀歯が目立ちます。


e.max オールセラミックで修復。

症例9


臼歯に大きな虫歯があります。


e.max オールセラミックで修復。

症例10


臼歯の詰め物です。


e.max オールセラミックで修復。

症例11


臼歯の詰め物です。


e.max オールセラミックで修復。

メール相談

よくある質問はこちら

メタルボンドクラウン

メタルボンドクラウンは金属の上にセラミック(陶材)を焼き付けた被せ物です。
色、すり減りもなく、生体に対して安全で、審美的です。しかも長い歴史があるので安心して使用できます。

症例1


歯質が大きく失われています。


メタルボンドクラウンを装着。

症例2


上顎と下顎の奥歯に問題があります。


綺麗に修復できました。

フルジルコニアクラウン

今まで白い冠を入れる時、一番心配だったのが「割れたり欠けたりしないだろうか?」という事でした。
白い冠はプラスチックやセラミックで出来ていたので、過剰な力が加わってしまった場合、割れたり欠けたりすることがどうしてもありました。
そんな不安を解消できる画期的な冠が「フルジルコニアクラウン」です。
(人工ダイヤモンドとして使われている材料です。)
この材料の最大の特徴は、白い材料として唯一(理論的には)欠けたり、壊れたりしないため、奥歯に使っても安心です。
欠点としては複雑な色は出せませんので、前歯には不向きで、奥歯限定の材料と考えています。

症例1


大きな虫歯が見られます。


ファイバーの土台を入れました。


フルジルコニアブリッジをセットした状態です。

コンポジットレジン

コンポジットレジンとは、歯の色をした歯科用のプラスチック素材のことで、虫歯治療の際にもっとも頻繁に使用される素材です。
歯質の欠損量が少ない場合や、歯の色、形態を少し変えたい場合に用います。

症例1


歯の隙間と着色が気になります。


ホワイトニング後の状態。


コンポジットレジンにより回復しました。

症例2


正中離開(すきっ歯)と右上の歯が欠けています。


短期間(通院回数1回)で回復できました。


前歯の大きさが違います。


前歯の形が整いました。

症例3


歯質の欠損とすきっ歯の状態が見られます。


欠損とすきっ歯をコンポジットレジンで修復。


3カ月後の状態。より自然になりました。


拡大写真


拡大写真


拡大写真

症例4


すきっ歯の状態。


レジンで修復し自然な見た目になりました。


拡大写真


拡大写真

症例5


前歯の破折が主訴で来院されました。


来院された、当日に綺麗に処置し帰っていただけました。

症例6


歯質の欠損がみられます。


修復で自然になりました。

症例7


歯の隙間と形の問題を主訴に来院されました。


その日の内に改善することができました。

症例8


すきっ歯の状態。


修復で自然になりました。

症例9


前歯が欠けてしまいました。


違和感なく仕上がりました。

症例10


歯質の欠損がみられます。


綺麗に修復できました。

症例11


上の前歯に欠損が見られます。


レジンで修復。

症例12


金属による詰め物。


レジンで修復。

症例13


すきっ歯の状態。


レジンで隙間を修復。

メール相談

よくある質問はこちら

ポーセレンラミネートベニア

ポーセレンラミネートベニアはクラウンと比べ少ない歯の切削量で歯の色や形を綺麗にできる審美歯科治療です。
見える部分のみ薄く歯を削り、セラミックのシェルを接着します。

症例1


前歯2本が割れ、歯はねじれて生えています。


割れた部分とねじれが改善されました。

接着ブリッジ

抜歯しなければならない歯の横の歯が、綺麗な削ってない歯でしたので接着ブリッジで治療することとしました。
接着ブリッジを用いる事で、隣在歯をほとんど削ることなくブリッジを入れることができます。

症例1


出来上がった接着ブリッジ。


見えない歯の裏側にのみ金属のウイングが存在します。


右上の乳犬歯が晩期残存しており抜歯が必要な状態でした。


隣の歯を削る事なく綺麗に修復できました。

メール相談

よくある質問はこちら

e.maxオールセラミック

e.maxオールセラミックという材質について

IPS e.maxプレスは、プレステクノロジーのためのニケイ酸リチウム結晶からなるガラスセラミックス インゴットです。

IPS e.maxプレス インゴットは、Ivoclar Vivadent社製のプレスファーネスでプレス(成型)されることで、400MPa(メガパスカル)の非常に高い曲げ強度を持ち、適合性の高い修復物が製作できます。
また、IPSエンプレス エステティック インゴットと比べ大きくなりましたので、1回のプレスで製作できる修復物の数が多くなり、経済性、効率性に優れ、作業時間が短縮されます。

プレス加工され、象牙質の色をした高い審美性を有するフレームには、IPS e.max セラムでレイヤリング(積層修復)することができます。

e.maxオールセラミックの特徴

  1. 比較的安価である。
  2. 柔らかすぎず、硬すぎないので破損や対合歯へのダメージが起こらない。
  3. 耐久性が高く、長期にわたり安定し、対合歯の寿命を延ばす事が出来る。
  4. 金属を使用しないため非常に審美的である。
  5. 天然歯と接着するため境目が自然で、細菌進入による虫歯も起こりにくい。

低価格で提供できる理由

今までのセラミック修復物の場合、熟練の技工士が色々なセラミックのパウダーを模型に少しずつ盛って焼いて色を合わせるという一連の作業を繰り返し、精巧な修復物に仕上げていく製作法を行っていました。
この作業工程は高品質な修復物ができる半面、多くの時間と高い技術が必要なため、どうしても価格設定を高くせざるを得ませんでした。

IPS e.maxプレスはこれらの作業工程を省くことで、低価格な修復物を短期間でご提供することができます。
このプレス法は、FCK(フルキャストクラウン、保健の銀歯)の作り方とよく似ています。
もちろん効率化だけではなく、プレスファーネスでプレス(成型)することで、十分に高品質な修復物が製作できます。

e.maxオールセラミックの製作方法

インゴットの種類

IPS e.max オールセラミックは4種類の透明度と、2つのサイズから選択できますが、このインゴットでほぼ全ての修復物の製作が可能です。
審美性に合わせて透明度を選択し、患者様の歯と比べより自然な状態に仕上げることができます。

IPS e.maxプレス HTインゴット(高透明度)

高い透明度により、特に小さな修復物(インレー、オンレー)の製作に適しています。
HT修復物は天然歯に対しカメレオン効果を発揮し、周辺の歯質と高く調和します。
ステイニングやカットバックに適しており、IPS e.max セラム シェードやエッセンス、グレーズ材を使用して特徴付けを行います。

IPS e.maxプレス HTインゴット(低透明度)

IPS e.max プレス HTインゴット(低透明度) 透明性があり、ステイニングやカットパックテクニックにおける修復物の製作に適しています。
インゴットは色相に合わせてシェード付けされていますので、ステイニングやレイヤリングを最小限に抑えることができます。

IPS e.maxプレス HTインゴット(中不透明度)

シェードMO0からMO4までが、生活歯または若干変色した支台歯上のフレーム製作に適し、天然歯に近似した修復物を製作するためのベースとしても適しています。
インゴットは、特定の範囲のシェードに合わせて色付けがされています。
シェードの濃度が高くなると、インゴットの蛍光性は減少します。

IPS e.maxプレス HTインゴット(高不透明度)

シェードは3種類で、高度な不透明性があるため失活歯または重度に変色した支台歯のフレーム製作に適しており、メタルコアを一部カバーする場合にも役立ちます。
高い不透明性で下部構造をマスキングし、非常に濃い支台歯などで色調再現が困難なケースでも、生活歯のような修復物製作を可能とします。

対応可能な補綴物

高透明度 低透明度 中不透明度 高不透明度
テーブルトップ
ジンベニア
ベニア
インレー
オンレー
パーシャルクラウン
前歯クラウン
臼歯クラウン
3本ブリッジ

メール相談

よくある質問はこちら

PAGE TOP