お問い合わせはこちらまで

フリーダイヤル

0800-111-4848

TEL

0896-23-3522

インプラント|愛媛県四国中央市の歯医者 三島中央の歯医者 坂田歯科医院

坂田歯科医院
坂田歯科医院フリーダイヤル:0800-111-4848 TEL:0896-23-3522
坂田歯科医院 無料メール相談

TEL

MENU

インプラント

失った歯を”より美しく自然に回復”します。

今歯を失う原因には、虫歯・歯周病や不慮の事故など様々な要因があります。

インプラントは失った歯の代わりに、生体親和性が高く、骨と強く結合するチタン製の人工歯根を顎の骨に埋め込み、その上にセラミックなどの天然歯に近い材質の人工歯を固定する治療です。
天然歯と同じように噛め、さらに最近では見た目も天然歯と見分けが付かなくする事が可能になってきています。

インプラントの最大の特徴は、健康な他の歯を削らないので、残っている歯の負担を減らし、お口全体の寿命を長くできることから、予防歯科の一つともいえる治療方法です。

メール相談

院長のインプラントに対する思い

「何歳になっても、好きな物をおいしく食べたい。」
みなさんこう願っていることでしょう。

しかし、残念ながら、現在の日本人の80歳の平均残存歯数は8本。
不自由なく食事が出来る歯の本数とされる20本には遠く及ばないのが現状です。

そこで、みなさんの「いつまでもおいしく食べる。」を実現するために、私が自信をもってお勧めするのが<インプラント>です。

「いつまでもおいしく食べる。」を実現するのに<インプラント>を勧めるのはなぜ???と思われた方もおられるのではないかと思います。
実は、歯が抜けた時の処置(ブリッジ、入れ歯、インプラントの3つの方法があります。)の中でインプラントだけが決定的に優れている点が沢山あるのです。

1.隣の歯を削らなくてよい。

歯が抜けてしまった時、安易に隣の歯を削ってブリッジにしていませんか?
ブリッジの平均耐用年数は8年。つまり8年経つと削られた歯の半数はダメになってしまい、更に多くの歯の欠損を招いてしまうと言う事です。
それに対してインプラントは隣の歯に悪い影響を全くあたえません。

2.他の歯に負担を掛けない。

ブリッジも入れ歯も、残っている他の歯に、それまで以上に噛む力による負担が掛るようになる事はご理解いただけると思います。
しかし、インプラントを行えば、他の歯に負担が掛ることがまったくなく、失ってしまった歯の機能を回復することができます。

3.非常に長持ちする。

ブリッジの平均耐用年数は8年で、入れ歯も平均すると4~5年でトラブルが出てくる場合が多い事がわかっています。
それに対して、現在のインプラントは12年後でも93%が問題なく機能しているという文献が証明するように、非常に長持ちする治療法といえます。

このようにインプラント以外の方法(ブリッジ、入れ歯)は、「残っている歯の犠牲の上に成り立つ方法。」「お口の中の状況を悪くしてしまう方法。」であると言えます。

逆にインプラントは他の歯の寿命を長くできる治療法といえます。
不幸にも歯が抜けてしまった場合に「いつまでもおいしく食べる。」を実現するための特効薬であり、効果抜群の予防歯科治療の1つともいえるでしょう。

私は、あなたの「いつまでもおいしく食べる。」を実現するために「インプラント」を絶対の自信をもっておすすめします。

坂田歯科医院のインプラント治療の特徴

1.負担の少ないインプラント外科手術を心がけています。(外科侵襲の小さい手術)

出来うる限り患者様の体にご負担の少ない手術を行っております。
当歯科医院で行っている、歯を抜くと同時にインプラントを埋入する<抜歯即時埋入法>は手術回数を減らせるだけでなく、非常に痛み腫れのでにくい手術法です。
上顎臼歯部で骨の垂直量が足りない時に行っている<ソケットリフト>は、ラテラルアプローチのサイナースリフトと比べ痛み腫れの少ない、外科侵襲の大変小さい手術法です。

2.出来る限り短い期間でインプラント治療を終わらせます。

治療期間が長い方がうれしい患者様はいないと思います。
当歯科医院で行っている<抜歯即時埋入法>でインプラントを行えば、歯を抜いて骨が治ってからインプラントを埋入する一般的な方法(6カ月~1年ぐらいの期間がかかります)とくらべて、格段に治療期間を短くできます。
(抜歯即時埋入では早ければ3カ月で最終の歯を入れる事ができます。)
さらに、インプラントを埋入すると同時に仮歯を入れる<即時荷重>を行えばインプラント手術当日に噛めるようになります。

3.常に最先端の歯科医療を習得しています。

歯科医療は常に日進月歩。(特にインプラント分野は変化のスピードが速いです。)
歯科大学で学んだ技術、知識だけで最新の治療を行うのは不可能です。
週末には学会、講演会に参加したり、色々なスタディーグループに所属し新しい技術、手技、考え方の習得に努めています。

院長セミナー受講履歴へ

4.審美的なインプラント補綴(かぶせ)を行います。

以前のインプラント補綴は「噛む」という機能がメインの目的で、とても、審美的とはいえない状況でした。
しかし、今ではどのような位置に、どんな角度でインプラントを埋入し、どのような形態の補綴物を入れれば、審美的(きれい、自然)になるのか?ということがかなり解明していますので、周りの歯とインプラントの見分けがつかないレベルにできるようになってきています。

5.十分なカウンセリングを行っています。

診察台に座ると緊張のため、またはスタッフが忙しそうだからという理由で、歯科医師やスタッフに言いたい事、伝えておきたい事を話せない、というご意見をよく耳にします。
そこで当歯科医院では、初診時、2回目の来院時等にカウンセリングを行い、患者様の言いたい事、伝えておきたい事を十分な時間をお取りしてお聞きするようにしています。
どのような些細なことでも聞いて下さい。

6.様々な検査を行ったうえで診断を行い、最適な治療計画を立案しています。

当歯科医院では「問診」「視診」「触診」の他に「顔貌写真」「口腔内写真」「デンタルレントゲン」「パノラマレントゲン」「スタディーモデル」「歯周組織検査」「レーザーによる虫歯検査」「CT撮影」等の検査を行ったうえで問題点を抽出し、その人その人に最適な治療計画を立案し提示しています。

7.メンテナンスを行っています。

誰もが、一度治療したインプラントが長くもってほしいと思っているはずです。
長持ちさせるためのポイントは2つ。
セルフケア(自分で行う歯磨きやフロスなど)とプロフェッショナルケア(歯科医院で行う専門家によるケア、メンテナンス)をしっかり行うことです。
歯科医院でメンテナンスを受けることで、自分では取れない汚れがとれ、お口の健康を維持、増進させることができます。

予防歯科へ

8.器具、器材の滅菌を徹底しています。

インプラント治療は外科的な処置になるので、清潔でない器具を用いると術後感染(化膿してしまう)のリスクが低くありません。
術後感染はインプラントの失敗に直結します。
また、器具を滅菌せずに使いまわしすると、他の患者様の病気が器具を介してうつってしまう可能性すらあります。(交差感染)
当歯科医院では器具の滅菌を徹底しており、滅菌出来ないものに関しては使い捨てのものを使用しているので安全です。

当院の滅菌処理へ

9.最先端の歯科用CTを導入し、安全なインプラント治療を行っております。

CTとは、様々な角度からX線を当てて、体を輪切りにした断面画像で見ることができるようにする撮影装置のことです。

歯科専用のCTで撮影することで、パノラマ画像、矯正治療で使用するセファロ画像、断面図を3Dで得ることができます。
それによって、顎の骨の状態、骨の硬さや形、血管、神経の位置まで正確に把握することができ、より精度の高い診査・診断を行うことができます。

安全なインプラント治療を行うためには、顎の骨の状態を正確に把握し、効率の良い治療計画を立てることがとても重要です。

また、歯周病治療や歯内療法、親知らずなど埋伏歯の治療の場合でも、十分に状態を確認できますので、正確な診断と治療が可能になりました。

撮影時間も短いので、撮影後に診療モニターですぐに確認していただくことができます。


CTの位置づけ


CTの撮影中

以前は提携病院にてCT撮影をお願いしておりましたが、CTを医院に導入したことで、スムーズに治療が進行できます。

メール相談

資料請求

よくある質問はこちら

インプラント治療の流れ

※治癒期間は患者様の状態によって異なる場合があります。

1.初診時:カウンセリング

初診時に、

  1. 現在のお口の状態を確認。
  2. 提携病院での「CT撮影」の有無を確認。
  3. インプラント治療についての詳しい説明。
  4. インプラント治療の流れの説明。
  5. 治療期間と、費用についての説明。

などの説明を行い、ご納得いただけて初めて治療に入ります。

インプラントCT写真

当院にてCT撮影を行います。

坂田歯科医院では、より安全なインプラント治療を行うために、CT撮影器機を導入いたしました。

インプラント治療は、骨のボリューム、硬さや神経・血管の位置の把握がとても重要になります。
CT撮影を行うことでそれらを把握し、安全でスムーズな治療を可能にします。

2.1回目の手術

歯茎を開き、顎の骨に、インプラントを入れる穴を形成します。
しっかり固定するようにインプラントを入れ、歯茎を閉じます。

3.治癒期間:約3ヶ月

インプラントに力をかけずに、治癒を待ちます。
数カ月で骨とインプラントがしっかりと結合します。

4.2回目の手術

インプラントが骨と結合したら、インプラントの蓋(ふた)を大きいものに代えて、歯茎から露出させます。

5.治癒期間:2~4週間

歯茎の形が整うまで待ちます。

6.仮の歯の取付け

お口の中の型をとり、あなたに合った仮の歯を製作します。
仮の歯で噛み合わせを調整します。

7.製作期間:1~2週間

歯茎の治癒を待ち、時間をかけて、きれいな人工歯を製作します。

8.完成

天然の歯と見分けのつかない人工歯をインプラントに装着し、お手入れの仕方などを練習します。

メンテナンス

1ヶ月~6ヶ月に一度、インプラントに異常はないか?
汚れが残っていないかをチェックし、クリーニングを行います。

インプラント症例別治療法

前歯を1本失った場合

従来の治療法(ブリッジ)
  • 両側の健康な歯を削る必要があります。
  • 両側の歯に負担がかかります。
インプラント治療
  • 健康な歯を削ることなく、天然の歯と区別がつかない歯並びを再現できます。
  • 両側の歯に負担をかけません。

奥歯を失った場合

従来の治療法(部分入れ歯)
  • 金属の止め具などに違和感を感じ、見た目も良くありません。
  • かたいものが安心して食べられません。
  • バネのかかる歯に負担がかかります。
インプラント治療
  • 止め具などを使わないため、違和感がありません。
  • かたいものをしっかりと噛めます。
  • 他の歯に負担をかけません。

総入れ歯が安定しない場合

従来の治療法
(入れ歯安定剤・入れ歯の作り直し)
  • 入れ歯がガタつき、安定しにくいです。
インプラント治療
  • 入れ歯の支えにインプラントを使うことで、入れ歯が外れたり、ガタつくことがなくなり、口元に安心感が持てます。

メール相談

資料請求

よくある質問はこちら

特殊なインプラント

インプラントが臨床応用され始めた頃は、「骨がある」ということがインプラント治療の大前提だったので、骨がある場所を探してインプラントを無理に埋入することも少なくありませんでした。
そして、その結果、インプラントの埋入方向が悪くなり、すぐにインプラントがダメになってしまったり、上部構造が不自然な形になり、見た目が美しくなかったりすることもありました。
ですから、骨がない方の場合には、インプラント治療そのものを断念することもありました。

しかし現在では、技術や材料の進歩により、骨の量が充分でなくても、より理想的な位置にインプラントを埋入できるようになってきています。
歯を抜いてインプラントを行う場合、従来の方法では、歯を抜いてから骨が治るまで6ヶ月ほど待ってからインプラントを埋入していましたので、この方法では、歯が無い期間が1年ぐらいありました。
しかし、今では条件を満たせば、歯を抜くと同時に、インプラントを埋入できるようになっています。

このように、抜歯したと同時にインプラントを埋入すれば、約3ヶ月後には、歯を入れることが可能になる上、手術の回数が1回で済みます。

以下では、当院で行っている、インプラントの特殊な治療法をご紹介します。

GBR法(骨造成術)

顎の骨の吸収により骨の厚みが足りないため、インプラントが露出してしまいます。(図-1)
インプラントの埋入と同時に、骨の元となる材料や骨を作るための保護膜を用いて、骨の再生を誘導します。(図-2)
食べ物をしっかり噛んでも大丈夫な顎の骨が、十分に再生しています。(図-3)
人工歯を取り付け、治療完了です。
(図-4)骨の厚みが極端に少ない場合は、先に骨を作ってからインプラントを埋入する場合もあります。

ソケットリフト法(上顎洞底挙上術)

上顎の場合、骨が吸収してインプラント埋入のための骨の高さが足りない場合が多くみられます。副鼻腔という空洞が高さを制限しているからです。

この場合、特殊な専用器具を用いて骨を作り、同時に骨の密度を高めながら(図-1)インプラントを埋入します(図-2)。

症例1

上顎、奥歯が左右同じように欠損しています。抜歯が必要な状況です。
骨が足りない上顎奥歯部に垂直的に骨を造成する手術法「ソケットリフト」を行い、インプラントを埋入しました。


正面術前


正面術後


正面術前レントゲン


正面術後レントゲン


右側術前


右側術後


右側術前 CT撮影


右側術後 CT撮影


左側術前


左側術後


左側術前 CT撮影


左側術後 CT撮影


上顎術前


上顎術後

症例2

以前ならラテラルアプローチのサイナースリフトの適応となり、かなりの外科侵襲となるようなケースです。
低侵襲で、治療期間が短く、治療費用も抑えた形で治療可能になってきました。


左側術前 CT撮影
垂直的な骨量は約3ミリ。


左側術後 CT撮影
埋入可能な骨幅まで回復。


正面術前 CT撮影


正面術後 CT撮影

症例3

インプラント手術時に、上顎の奥歯部の骨を造成する手技「ソケットリフト」を行いました。
このような難症例も低侵襲でインプラント手術が可能になってきています。


垂直的な骨量は3ミリと1ミリ。かなりの難症例です。


十分な挙上ができています。

症例4

インプラント時骨造成手術「ソケットリフト」によるインプラント治療です。
特に右上6部は垂直的に1ミリ程度しか骨がありませんでした。
このような厳しいケースでも対応可能です。


右上4、6部術前 CT撮影


右上4、6部術後 CT撮影


右上6部術前 CT撮影


ク右上6部術後 CT撮影

抜歯即時インプラント

以前は、抜歯後の歯茎が治っているということがインプラント埋入の大前提でした。
しかし、今では条件を満たせば抜歯してそのまますぐに埋入することが可能です。
(図-1)この方法を用いれば、治療期間を大幅に短縮できます。
同時に仮歯が入れられる状態であれば、歯のない時期はまったくないことになります。(図-2、3)

抜歯窩(抜歯後にあいた歯槽骨の穴)にインプラントを埋め込みます。(図-1)
骨とインプラントの隙間には骨補填材を詰め、仮歯で歯肉の形態を整えていきます。(図-2)
一定に期間に達すると、インプラント周囲は新しい骨で囲まれ、歯肉も治癒します。(図-3)

症例1

右下、小臼歯の根が割れてしまった患者様です。


術前の状態。


抜歯しました。歯の根が2つに割れています。


ク抜歯と同時にインプラントを埋入しました。手術回数は1回で済みます。


抜歯から3ヶ月で最終の冠が入りました。自然な仕上がりです。

症例2

左上の前歯(上顎左側側切歯)が深い虫歯になったために抜歯し、前歯(側切歯)に抜歯即時埋入法を用いてインプラント治療をさせていただきました。


術前
被せ物が外れる1年ほど前


抜歯した状態。


抜歯された歯。


抜歯と同時にインプラントを埋入しました。


約3ヶ月後、インプラント上に冠を装着。

メール相談

資料請求

よくある質問はこちら

インプラントQ&A

患者様からよくある質問をご紹介します。
質問をクリックすると回答をご覧いただけます。

  • インプラントの手術で痛いのも腫れるのも怖いのですが・・・
  • 上顎の骨が少なくてインプラントができないと言われました。
  • 何度も麻酔をされたり、手術を受けたりしたくないのですが・・・
  • インプラントの寿命は、何年くらいですか?
  • インプラントって信用できないし、危険だと聞いたんだけど?
  • インプラントって高いって聞いたんだけど?
  • インプラントをすすめられました。どこがそんなに良いのでしょうか?
  • インプラントにするか、入れ歯にするか迷っています。どちらが良いでしょうか?
  • インプラントの治療費は高額だと聞きました。御院ではいくらぐらいでしょうか?
  • 埋入本数の多い歯医者さんの方がやはり良いのでしょうか?
  • 術後、麻酔が切れたら痛いのでしょうか?
  • 他院で「治療完了まで半年」と言われました。長すぎるように感じますが、どうなのでしょうか?
  • インプラントのメーカーはどこのものを使ってますか?
  • 手術を安全に受けるために、どのような検査をやっていますか?
  • インプラント手術が行えないのは、どのような場合でしょうか?
  • 「先に歯周病治療をしましょう」と言われました。これって普通ですか?
  • 手術後はどれぐらい安静が必要でしょうか?
  • 手術した日にご飯は食べられますか?
  • インプラントが抜けた場合はどうすれば良いでしょうか?
  • 抜けたインプラントはまた再利用できるのでしょうか?
  • 長持ちさせるために必要なことがあれば教えてください。

インプラント症例

インプラント症例1

中切歯1本欠損をインプラント治療で補綴したケースです。
中切歯は最も審美性に影響のある歯で非常にシビアなケースでしたが、患者様に喜んでいただけました。

インプラント症例2

上顎前歯4本が虫歯で、抜歯が必要でした。
インプラント治療で機能も審美も回復できました。

インプラント症例3

左下奥歯2本が欠損しています。
このケースでは、新しいマテリアルを用いた「フルジルコニアクラウン」で補綴させていただきました。ジルコニアは人工ダイヤモンドとも言われる非常に硬い材料です。
今までの白いマテリアルはすべて「欠ける」リスクがありましたが、この材料には、そのリスクがないとされています。
奥歯の歯科治療には非常に有効な材料ではないかと考えています。

インプラント症例4

右下の奥歯が4本欠損しています。
もともとあった歯に近い審美性と機能を再建する事ができました。

インプラント症例5

前歯の根が割れてしまい抜歯しなければいけなくなった患者様です。
自然治癒を考慮し、インプラント埋入ポジションを精密にコントロールした結果、骨造成を行う事無く、良好な治療結果を得ることが出来ました。

インプラント症例6

上の前歯から右上奥歯にかけて歯が欠損しています。
インプラント治療により、固定式の歯が入りました。

インプラント症例7

左下の小臼歯が割れてしまい、抜歯になってしまった患者様です。
インプラント治療のおかげで、前後の歯の負担を増やすことなく、綺麗に治療を終えることができました。

インプラント症例8

上の前歯が虫歯で抜歯しないといけなくなった患者様です。
インプラント治療を行うことで、横の歯を削ることなく、失った歯の機能と審美を取り戻すことができました。

インプラント症例9

残っている5本の前歯も抜歯しないといけないため、上顎の歯が1本も無くなってしまう患者様です。
インプラントのおかげで、固定式の歯が入りました。総義歯と違い、安定して何でも噛め、異物感もありません。

インプラント症例10

顎の骨が少なく、下の総義歯がどうしても安定しない患者様です。
インプラントを前歯部に2本埋入させていただき、入れ歯を安定させる装置を接続しました。
慣れるまで入れ歯を外すのが困難なほどの安定が得られ、何でも食べられるようにできました。


インプラントを2本埋入


インプラントによりしっかり安定します。

インプラント症例11

左下の奥歯を失ってしまった患者様です。
1本前の冠の再治療とともに、インプラント治療を行う事で、キレイでしっかり噛めるようになり大変喜んでいただけました。

メール相談

資料請求

よくある質問はこちら

PAGE TOP