お問い合わせはこちらまで

フリーダイヤル

0800-111-4848

TEL

0896-23-3522

矯正歯科|愛媛県四国中央市の歯医者 三島中央の歯医者 坂田歯科医院

坂田歯科医院
坂田歯科医院フリーダイヤル:0800-111-4848 TEL:0896-23-3522
坂田歯科医院 無料メール相談

TEL

MENU

矯正歯科

“お口と全身の健康”は歯並びから始まります!

歯並び、噛み合わせが悪いと、どのような問題があるのでしょうか?

  1. 歯並びが悪いと、歯と口まわりの美しさが損なわれます。
    また他人にも悪い印象を与える可能性があります。
  2. お口には、ご飯を食べたり、しゃべったり、表情を作ったりする多くの機能があります。
    そのようなお口の機能に問題が起こる場合があります。
  3. 歯並びや噛み合わせが悪いと、歯ブラシで汚れを落とすのが難しくなるため、虫歯や歯周病になるリスクが高くなります。
  4. 人と異なる噛み合わせや見た目を気にしてしまい、心理障害により劣等感に陥る方は少なくありません。

良い歯並びは口元を美しくするだけでなく、調和の取れた顔、輪郭を作り、さらには心理的にも良い発達をもたらし、人生への大きな満足に繋がります。

坂田歯科医院では、「歯並びを改善」し、「見た目を美しくする」ことは当然のことですが、「機能的にもよく噛める」ような治療をしております。
弱い力で歯を正しく動かせ、治療期間を大幅に短縮でできる矯正法である、「TipEdge(ティップエッジ)テクニック」を用いて、矯正治療を行っています。

メール相談

「TipEdge」とは?

TipEdgeは、3次元的コントロールと、ディファレンシャルフォース(差動的な力)を組み合わせたシステムです。
治療初期には近遠心的に傾斜することにより、スペースクローズします。
治療後期には角ワイヤーを用いることにより、ブラケットに組み込まれた3次元的な角度が、適切なポジションをもたらします。
弱い力で歯を動かすので、患者様は快適に治療を受けることができます。

矯正の対象になる歯並び・かみ合わせの種類

矯正が必要な、様々な不正咬合

出っ歯・上顎前突(じょうがくぜんとつ)

出っ歯・上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上の前歯が、下の歯と比べ極端に前に出ている状態。
日本人には比較的多くみられる症状です。

受け口・下顎前突(かがくぜんとつ)

受け口・下顎前突(かがくぜんとつ)

上下の前歯が上の歯より前に出ている状態。
一般的に受け口と言われ、横顔がしゃくれたように見えたりします。

乱ぐい・叢生(そうせい)

乱ぐい・叢生(そうせい)

歯が重なり合ったり捻じれて生えてしまい凸凹の状態。
八重歯や乱ぐい歯ともいい、磨き残しから、虫歯や歯周病になりやすい場合もあります。

すきっ歯・空隙歯列(くうげきしれつ)

すきっ歯・空隙歯列(くうげきしれつ)

歯と歯の隙間が開いていて、食べ物がはさまりやすく、隙間が目立ちます。

開咬(かいこう)

開咬(かいこう)

奥歯でしっかり噛んでも、前歯が噛み合わず隙間があいてしまう状態。
食べ物によっては噛み切れないこともあります。指しゃぶりなどが原因で起こります。

過蓋咬合(かがいこうごう)

過蓋咬合(かがいこうごう)

噛み合わせが極端に深く、上の歯が下の歯に深くかぶさっている状態。
顔が短く見えたり、歯の接触で大きく損傷してしまうこともあります。

交叉咬合(こうさこうごう)

交叉咬合(こうさこうごう)

歯の噛み合わせが部分的に反対になってしまっている状態。
顔が歪んだり(非対称)、噛む機能の低下が見られます。

部分矯正

部分矯正は歯列全体の矯正ではなく、1本~数本の歯を整える矯正治療です。
歯茎に埋まったままの歯を引っ張り出したり、少数の歯の位置を本来の位置に移動、回転などを部分的に行います。

症例1

前歯の歯列不正を部分的な矯正で治療したケースです。
費用も低く、治療期間も短くて良好な結果を得ることができました。


歯列不正(交叉咬合)の状態。


ブラケットによる治療。


自然な歯列になりました。

「ムーシールド」「パナシールド」

代表的な歯列不正(歯並びの悪い状態)には、「出っ歯(上顎前突)」と「受け口(下顎前突、反対咬合)」があります。
実はこの2つ、大人になってから治療する場合の大変さが全く違うのです。

「出っ歯」は通常のワイヤー矯正のみで綺麗に改善できるケースが多いですが、「受け口」はワイヤー矯正→外科手術(骨切り)→ワイヤー矯正という治療行程が必要になる場合が多く、期間的、費用的、肉体的な負担が非常に大きくなるケースが少なくありません。

そこで当院が「受け口」治療時にお勧めするのが、「ムーシールド」「パナシールド」です。

3~6歳ぐらいの年齢で、将来「受け口」になってしまう可能性が高いと思われる場合、この治療法を行えば約9割の確率で簡単に「受け口」の改善ができます。
お子さんの「受け口」が気になる方は是非ご相談ください。

どんな治療法?

寝ている間に口に特殊なマウスピースを装着して治療します。
「受け口」になる大きな原因は、舌の位置が低く、下顎を前に押し出すように筋肉の圧力が働くことです。
マウスピースの装着で舌の位置を上げ、口の周りの筋肉を正常化することで、上顎の成長を促し、下顎の成長を抑制します。

症例1

ムーシールドにて反対咬合(受け口)が改善したケースです。


反対咬合の状態。


ムーシールド装着後6ヶ月。

症例2

ムーシールドにて反対咬合(受け口)が改善したケースです。


反対咬合の状態。


ムーシールド装着後3ヶ月。


改善されてきています。

矯正を行う患者様の症例(歯並びや噛み合わせ)によって、治療期間・費用も異なります。
ご相談を受け付けておりますので、お悩みの方は、ぜひ一度、ご来院ください。

PAGE TOP