お問い合わせはこちらまで

フリーダイヤル

0800-111-4848

TEL

0896-23-3522

「改めて学ぶ歯周治療セミナー」|四国中央の歯医者|坂田歯科医院

坂田歯科医院

TEL

MENU
お問合せ

よくあるご質問

坂田歯科ブログ

坂田歯科お知らせ

歯の豆知識

求人情報

「改めて学ぶ歯周治療セミナー」

日曜日は大阪で歯周病学会の重鎮

「金子至先生」の講演会に参加してきました。

金子先生の執筆された本は読ませて頂いていましたが、

講演は拝聴したことがなかったので「どうなのかな?」と思っておりましたが、

これが予想をはるかに上回る素晴らしい講演でした。

特に心に残っている内容が

SPT(サポーティブペリオドンタルセラピー 歯周病の病状が安定している方に対する治療)について!

今の日本は超少子高齢化が進み、医療費をいかに少なくするかが大問題!

そんな中、超重要になるのが、いかにして悪くならないか?

すなわち「予防」歯科においてもこれは全く同じです。

歯科における「悪くならない」為の治療の中核がSPT(保険適応の処置です^_^)

悪くなったら歯医者に行って削って詰める→

これを繰り返すと、歯を失う→

ブリッジになる→

ブリッジがダメになり仕方なく部分入れ歯→

バネがかかった歯がダメになり大きい入れ歯→

最後は総入れ歯

これが日本人のよくあるパターンですが、これは誰も得しませんよね

国民は大切な歯を失い噛めなくなり、

国は医療費が増大し、

歯科医院は「この医院に通ってたら総入れ歯になりかめなくなった」と文句を言われる

この悪循環を打破するのがSPTの役割です。

これを強く後押しする理由として、

SPTをして予防にお金をかけた人と、

SPTをせずに予防にお金をかけなかった人の総医療を比較すると、

SPTした人の方が低かったというリサーチが出た事です]

「SPTして予防した方が歯残せるやん!」は当たり前!

「SPTして予防した方が歯残せる上にお金も安く済むやん」が正解!

坂田歯科でもSPTを積極的に施術していき、

患者さんの歯を守り、いつまでもしっかり食べる事が出来る事を目指します。

患者さんの体も健康になり、元気で長生き!

患者さんに喜ばれ、国民医療費も圧縮と「三方よし」を目指していきます


 

初診予約

再診・その他

無料メール相談

PAGE TOP