お問い合わせはこちらまで

フリーダイヤル

0800-111-4848

TEL

0896-23-3522

タバコのリスク・・|愛媛県四国中央市の歯医者 三島中央の歯医者 坂田歯科医院

坂田歯科医院
坂田歯科医院フリーダイヤル:0800-111-4848 TEL:0896-23-3522
坂田歯科医院 無料メール相談

TEL

MENU
お問合せ

よくあるご質問

坂田歯科ブログ

坂田歯科お知らせ

歯の豆知識

求人情報

タバコのリスク・・

こんにちは。

四国中央市 坂田歯科医院 児山です。

 

前回の口臭については

いかがでしたか?

 

今回は

喫煙、つまり

“タバコのリスクについて”

お話しますね。

 

リスクがい~っぱい

ありすぎるので

何回かに分けて

お話しようと思います。

 

 

 

皆さん

タバコが体に良くないことは

もちろんご存知ですよね。

 

なのに・・・

どうして禁煙できないのでしょう。

 

私が甘いものをやめられない、

止まらない・・・というのとは

レベルが違いすぎるようですね。

 

禁煙できないのは

ニコチン依存症らしいですね。

 

さて

愛煙家の皆さま、

最近は内科だけでなく

歯科を受診しても

禁煙をおすすめします。“と

言われませんか?

 

歯の治療にどうして禁煙が関係あるのでしょう?

 

それは、

タバコに含まれる有害物質が

歯の治療の邪魔をしてしまうからです。

 

“ヤニが邪魔してるんなら、ヤニ取りしてから

治療したらええやん・・“と

ヤニが原因だと

簡単に思っている方、

そんな簡単なことではないんです。

 

タバコに含まれる有害物質は

お口の中で

とんでもない悪さをしているんですよっ!!

 

まず、

タバコに含まれる有害物質は

細菌から体を守る免疫細胞の働きを

邪魔します。

 

ということは

歯周病の原因の

歯周病菌を止める力が

弱くなってしまいます。

 

その上

タバコの影響で

血流が悪くなり

本来ならば

歯周病で腫れてしまう

歯茎の腫れが少なくなります。

 

歯ぐきの腫れが

目立たないので

歯周病の発見が遅くなってしまうのです。

 

赤くなって腫れていると

様子がおかしいことに

気が付きやすいですよね。

 

もう一つ

炎症などで傷ついた組織を

修復する細胞の働きも

邪魔するのです。

 

炎症などで傷ついた組織を

修復するのが遅くなるということは

治療の経過も傷の治りも

時間がかかってしまうし

再発のリスクも高くなってしまうのです。

 

 

以前から

タバコに含まれる有害物質は

歯周病菌を刺激し

パワーアップさせてしまうことが

わかっていました。

 

最近、

それに付け加えて、

タバコに含まれる有害物質によって

むし歯菌も

パワーアップすることが

わかってきたのです。

 

むし歯菌がパワーアップすると

どうなるのでしょうか?

 

強くなったむし歯菌は

ネバネバ度の高いプラーク(歯垢)を作って

歯の表面にねっとりくっつき

プラークの中に隠れてしまいます。

 

プラーク中で糖を旺盛に食べ、

歯を溶かす酸を出すことで

酸の濃度が高くなり

歯の表面を溶かし

むし歯ができやすい状態に

してしまうのです。

 

ただでさえ

歯周病で歯ぐきが下がってしまい、

歯の根元の象牙質が

むき出しになって

むし歯になりやすくなっています。

パワーアップしたむし歯菌は

象牙質より

硬いエナメル質の

咬み合わせの部分まで

むし歯ができやすい状態にしてしまうのです。

 

恐るべし!タバコの有害物質。

 

まだまだあります。 (怖っ)

 

 

細菌から体を守る免疫細胞や

炎症で傷ついた組織を修復する細胞の

邪魔をするタバコは

外科治療後の回復の妨げにもなります。

 

例えば

歯を抜いた後、

傷がふさがるのが遅くなり

ばい菌に感染しやすくなるのです。

 

他の外科手術においても同様です。

 

インプラント手術をしても

タバコの影響で

骨の反応が悪くなり

埋入したインプラント体と

顎の骨がガッチリと結合しにくくなるのです。

 

結合がうまくいかないと

治療をやり直しになることがあります。

 

まだあります。

 

口腔粘膜にも

口腔がん、ニコチン性口内炎などの

異常をきたします。

 

 

 

タバコの煙に含まれる発がん性物質によって

がんを患うリスクが高くなります。

白板症という前がん病変を見つけたら

歯科医院でチェックしてもらいましょう。

 

タバコの刺激で、

コラーゲンが失われ、

上あごの粘膜が角化して

硬く厚くなり

ニコチン性口内炎になるリスクが増します。

特にヘビースモーカーの方は

要注意です。

 

舌にある味覚センサーが働きにくくなり

味の感覚が鈍くなります。

美味しい物が感じにくくなるのは

悲しいですよね。

 

舌に口臭やカンジダの原因となる

舌苔がつきやすくなります。

 

まさに

百害あって一利なし

です。

 

歯科の分野においてでも

これだけのリスクがあるのです。

 

それでも

禁煙しませんか?

 

そうそう、それに

タバコを吸っていると周囲の人にも

悪い影響を与えているのです。

 

愛煙家の方の歯ぐきは

黒く着色しているのを

ご存知ですか?

 

その歯ぐきの着色が

タバコを吸わないご家族にも

みられるのです。

 

大人だけじゃありません。

子供さんもですよ!

 

ショック!!!!

 

小学生なのに・・・

歯ぐきがヤニ色なんて。

可哀想すぎませんか?

 

これは

タバコの副流煙の仕業です。

タバコを吸わないのに

害を被る・・・

迷惑な話です。

 

 

禁煙は愛

 

 

副流煙の害については

次回お話する予定です。

 

 

最近は

公共の場所での禁煙が

当たり前の時代です。

愛煙家の皆さま

さぞかし

肩身の狭い想いを

していらっしゃることでしょう。

 

 

まず

少しずつ

一日当たりのタバコの

本数を減らす努力を

してみませんか?

 

一日20本以上の喫煙は

よりリスクを高めてしまうようですよ。

 

 

禁煙外来もあることですし

思い切って受診しましょう。

 

禁煙外来

 

 

歯科の治療を受ける時にも

禁煙のチャンス!

 

せっかく治療するのなら

再発リスクの少ない状態で

治療した方が良いですよね。

 

タバコのせいで

希望する治療ができないのも

嫌でしょう。

 

禁煙・・

頑張ってみてください。

 

 

社会的にも

タバコ臭~い人の

ファーストインプレッションは

結構な

マイナスポイントですよ。

 

爽やか~な大人でいましょうよっ。

 

 

ではまた・・

次回お逢いいたしましょう。

 

 

 

 

・・今回のおまけ話・・

副流煙による

受動喫煙のせいで

歯ぐきに着色のある

スタッフがいました。

 

院長に

“若い頃やんちゃしてたん??”と

言われてしまいました。

そんなことないのに・・・・

 

でも

院長が、丁寧に、優しく?

ガムブリーチしてくれたので

着色解消できました。

 

めでたし、めでたし(笑)

 

 

 

PAGE TOP