お問い合わせはこちらまで

フリーダイヤル

0800-111-4848

TEL

0896-23-3522

タバコのリスク|愛媛県四国中央市の歯医者 三島中央の歯医者 坂田歯科医院

坂田歯科医院
坂田歯科医院フリーダイヤル:0800-111-4848 TEL:0896-23-3522
坂田歯科医院 無料メール相談

TEL

MENU
お問合せ

よくあるご質問

坂田歯科ブログ

坂田歯科お知らせ

歯の豆知識

求人情報

タバコのリスク

こんにちは。 

四国中央市 坂田歯科医院 児山です。

 

ようやく春の陽射しが届き始めましたね。

2月14日から松山市で“椿祭り”が始まります。

愛媛では“お椿さん頃はとても寒い”と言われています。

今年も寒いのでしょうか?

 

寒いと言えば

“猫バンバン”をご存知ですか?

駐車中の車の下で暖を取っている猫を

発進前に追い出す(?)

猫に優しいバンバンだそうです。

 

方法はボンネットや屋根部分を

“バンバン”と叩く。これだけです。

こうすることで

休憩中の猫に

“車が動くよ~。よけないと危ないよ~。”と

知らせて

猫ちゃんを事故から守ってあげる!

というコンセプトらしいです。

 

医院の駐車場でも

野良猫ちゃんたちが

我が物顔で

のんびりしてます。

今日から実行してみましょうね。

 

 

さて

今回は前回に引き続き

“タバコのリスクについて”

お話をします。

 

前回、副流煙による

受動喫煙について

少し触れました。

 

そう、

副流煙による

受動喫煙で

子供の歯ぐきが

ヤニ色に着色してしまう、

という 怖い話です。

 

副流煙って何でしょうか?

 

副流煙とは

火のついたタバコから

でる煙のことです。

 

喫煙者がフィルターを通して

吸う煙のことは

主流煙と言います。

 

同じ室内では

タバコを吸っている本人も、

傍にいるタバコを吸わない人も

タバコの煙を吸っているのです。

 

タバコを吸わない人が

タバコの煙を吸ってしまうことを

受動喫煙と言います。

 

受動喫煙している人が

吸う煙が副流煙です。

 

副流煙は主流煙よりも

有害物質が多く含まれています。

 

つまり

タバコを吸わない人の方が

タバコを吸っているより

より多くの有害物質を

吸っていることになります。

 

 

前回

タバコの有害物質で

むし歯菌もパワーアップすることを

お伝えしましたね。

 

有害物質をより多く含んでいる

副流煙を吸ってしまうと

むし歯菌のパワーは

ますます強くなってしまいます。

 

タバコを吸う家庭のお子さんは

むし歯菌が多いというデータがあります。

 

喫煙者のいる家庭の子供が

むし歯になるリスクは

喫煙者のいない家庭に対し

 

母親が喫煙者の場合 2.3倍

父親が喫煙者の場合は 1.5倍

というデータがあります。

 

なぜ

母親の喫煙の影響のほうが

大きいのでしょうか?

 

それは、

子供と接する時間が長い傾向にあること、

母乳を通じて

タバコの有害物質が子供に

与えられてしまったということが

考えられます。

 

以前

“むし歯菌はうつる”という

お話をさせていただきました。

 

喫煙する両親のお口の中で

タバコの有害物質によって

パワーアップしたむし歯菌が

子供に移ってしまった可能性があります。

 

また

受動喫煙によって

免疫力が落ちてしまった

子供が、早い時期に

むし歯菌に感染してしまった

可能性も考えられます。

 

もちろん

むし歯以外にも

歯周病に関しても

大人同様の影響があります。

 

受動喫煙してしまっている

子供は

歯と歯ぐきの付着が

ゆるくなっています。

そこに歯周病菌が

つきやすくなります。

 

また

歯ぐきの着色も見られます。

 

歯ぐきの細胞はタバコに敏感で

受動喫煙によって

色素沈着してしまうのです。

 

肺や腸の粘膜も敏感で

色素沈着しやすいのですが

直接見ることができません。

 

歯ぐきは受動喫煙の影響を

目で確認できる粘膜です。

 

タバコの害が

周囲の人にも

悪い影響を与えてしまっていることが

お解りいただけたかと思います。

 

さあ、禁煙 🚭 です。

 

 

禁煙に成功しても

歯についてしまったヤニ、

黒く着色してしまった歯ぐき・・・

 

“どうすれば綺麗になるの?”

 

“タバコを吸っていなかった頃の

健康的な

お口に戻りたい・・“

 

落ち込んでいる

そんな人に朗報です!!

 

ヤニは歯科医院で取れます。

歯ぐきもピンク色に戻せます。

 

ヤニ取りは

お口全体のお掃除をすればいいのです。

 

ヤニ取り

 

こんなにキレイに取れます。 

 

 

黒く着色してしまった歯ぐきには

ガムブリーチ(ガムピーリング)

という方法があります。

(但し、保険は効きません。)

 

着色した歯ぐきに薬剤を塗ります。

数日後・・

歯ぐきがペロ~ンと

剥がれ落ち

下から

キレイな歯ぐきが

現れます。

 

詳しくは

歯科医院で・・

 

 

大切なことは

キレイになった後は

タバコを吸わないことです。

タバコを吸い続けると

またヤニと着色に悩まされます。

 

 

もうひとつ、朗報が・・

 

禁煙すると

むし歯菌や歯周病菌が

とたんに

パワーダウンします。

 

これらの菌が弱まることで

体の免疫力や修復力も徐々に回復します。

 

ということは

歯科の治療の条件が格段に良くなりますので

傷の治りが早まり、

再発リスクも少なくなるのです。

 

そして

周りの人に受動喫煙させてしまう

心配もない。

遠慮がちに喫煙スペースを確保する

必要もなくなるのです。

 

 

いいことずくめでしょ !(^^)!

 

 

禁煙が成功するまでは

ストレスが溜まって

大変かもしれません。

 

でも

ご自分とご家族

周囲の人みんなが

健康的な生活ができるのなら

頑張ってみませんか?

 

きっと禁煙できますよね。

 

大切な人を

タバコの害から

守りましょう。

 

 

次回は

“妊婦さんのお口の健康”について

お話をしますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

PAGE TOP