お問い合わせはこちらまで

フリーダイヤル

0800-111-4848

TEL

0896-23-3522

歯科治療中のお食事|四国中央の歯医者|坂田歯科医院

坂田歯科医院

TEL

MENU
お問合せ

よくあるご質問

坂田歯科ブログ

坂田歯科お知らせ

歯の豆知識

求人情報

歯科治療中のお食事

こんにちは。

四国中央市 坂田歯科医院 児山です。

 

いよいよ今年もおしせまってきましたね。

どことなく気忙しい感じがします。

大掃除もしないといけないし

年賀状を書いたり、年末年始の買い物etc.

しなくちゃならないことがいっぱい・・・

 

わかっているけどなかなか・・・ねぇ(笑)

 

さて年末年始は歯科医院も休診です。

治療中の患者さんにとって

心配なことと言えば

“治療中の歯に何かトラブルがあった時どうすればいい??“

ということだと思います。

 

医院としては

年末年始のお休みの間に

治療中の歯に

なるべく痛みが出ないように

仮の歯がはずれてしまわないようにと

ご迷惑をおかけしないようにと

治療を進めています。

 

でも、お休みの間に

緊急事態が発生したら・・・

まず

かかりつけの医院に連絡をして下さい。

運よく(?)

処置してもらえるかも・・・

対処法をあらかじめ

きいておくのも良いかもしれません。

 

できるだけ

何も起こらないことを

祈ります。

 

 

前置きはこのくらいで

今回は

“歯科治療中のお食事について”

お話します。

 

 

最近の歯科治療は

“できるだけ抜かない”ために

高度な複雑な治療をしています。

そのため、治療期間が長くなってしまうことがあります。

治療の間、患者さんに

お食事の面で

ご不便をおかけしています。

できるだけ歯に負担のかからないものを

召し上がっていただくと良いのですが

“おかゆ”ばかりでは

栄養面が心配です。

 

かと言って

何でも好きなものを普段と同じように

召し上がっていただくと

治療中の歯に

大きな負担をかけてしまうことがあります。

 

普段だと

“よく噛んで。しっかり噛んで。”

“噛めば噛むほど脳に良い。” 

“満腹中枢が働き肥満防止になる。”

と言われますが

歯科の治療中には

“強く噛まないで欲しい期間があります。”

 

それは

外科治療を受けた時。(1週間程度)

仮歯が入っている時。

新しい入れ歯を調整している時。

インプラント体が入ってから1か月。

このような時期には

強く噛むことによって

せっかくの治療が上手く進まなくなってしまうことが

あるのです。

 

強く噛まないですむように

やさしい食事

していただきたいのです。

 

 

例えば

~外科治療を受けた後~

腫れやしみる症状がある傷がある場合には

1週間くらい

生醤油・酸味の強いもの・香辛料は避けて下さい。

だんだんと傷がふさがってきますので

それまでは、具が小さく

スプーンで簡単につぶせる柔らかさの物が

お薦めです。

 

 

~仮歯が入っている時~

仮歯は治療途中の歯につけます。

必要な時に外せるように

接着力の弱い接着剤で留めています。

調整しやすいように

軟らかいプラスチックでできていますので、

強い力がかかると取れてしまったり

割れてしまうことがあります。

引っ張ってかじるもの

スルメ、焼き鳥、フランスパンは避けてください。

また、

お煎餅、飴などの硬いもの

ガム、グミ、キャラメル、お餅なども

歯にくっついてしまい

仮歯が取れてしまう原因になりますので

気を付けてください。

 

 

~新しい入れ歯の調整中~

早く慣れようと無理をしてはいけません。

普段同様のお食事は少しの間辛抱して下さい。

“軟らかい物から始めて少しずつ慣れる。”

というのが理想です。

無理すると歯ぐきを傷つけてしまいます。

“おかゆやスプーンでつぶせる位の柔らかさの物”

から始めてください。

 

 

~インプラント体が入って1か月~

この期間は

インプラント体と骨が結合し始める

最もデリケートな時期です。

可能な限りそっとしておいてほしいのです。

噛む力によって

インプラント体と骨の結合を

邪魔してしまうのです。

できるだけ噛まずに済むような

スープ、軟らかく煮たうどん、

舌でつぶせるような煮物などを

取るように心がけてください。

慎重に・・

 

でも

軟らかい食べ物ばかりでは

栄養が偏ってしまいますよね。

体調が悪くなったり

口内炎、便秘など

どうしましょう・・・。

何を作ればよいのでしょう??

 

手間がかかる調理は大変です。

 

そこで便利なものがあります。

やわらかさを4区分から選べる

レトルト食品の

「ユニバーサルデザインフード」。

美味しく薄味で彩りも綺麗です。

全身疾患がある方にもおすすめです。

スーパーやドラッグストア、ネット販売で

入手できます。

 

 

http://tse1.mm.bing.net/th?&id=OIP.M5f92d909fdb549c0e307485718087174o0&w=234&h=281&c=0&pid=1.9&rs=0&p=0

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レトルト食品が嫌いな

“手作り派”の方は

かぼちゃやじゃがいものマッシュ、

ほうれん草のペーストを作って冷凍しておき

必要な時に牛乳や豆乳でのばせば

簡単スープの出来上がり。

野菜が摂れて便利です。

 

ゼリー飲料で必要な栄養素を摂ることも

できますが、

チューブで吸うタイプのものは

傷があるときは控えて下さい。

圧がかかって傷が開いてしまうことがあります。

 

 

美味しく噛めるその時のために

よりスムーズな治療のために

ご不便をおかけいたしますが

ご協力をお願いいたします。

 

 

それでは良い年末年始をお過ごしください。

 

来年もよろしくお願いいたします。

 

 

初診予約

再診・その他

無料メール相談

PAGE TOP