お問い合わせはこちらまで

フリーダイヤル

0800-111-4848

TEL

0896-23-3522

神経を取ったのに歯が痛い?|四国中央の歯医者|坂田歯科医院

坂田歯科医院

TEL

MENU
お問合せ

よくあるご質問

坂田歯科ブログ

坂田歯科お知らせ

歯の豆知識

求人情報

神経を取ったのに歯が痛い?

こんにちは (⌒∇⌒)

四国中央市 坂田歯科医院 児山です。

 

今年は花粉の飛散量が多いそうですね。

確かに・・・

私をはじめとする坂田歯科医院スタッフも

目や鼻や、喉に支障をきたしています。

 

早く花粉の時期が過ぎればいいのに・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今回は前回に引き続き

“歯の痛み”についてお話をしますね。

 

歯が痛くなって

“どうにかして少しでも早くこの痛みを止めて!!”と

ご来院される患者さんがいらっしゃいます。

何とかして痛みを止めてさしあげたいと

歯科医師も頑張って治療をします。  が・・・・

なかなか痛みがとれない場合もあります。

 

“痛みをなくすには歯の神経を取ればいいんじゃない。”

“痛みは神経で感じるものでしょう?”

そう思われますよね。

 

歯の神経(歯髄)とは・・・

歯の内側にある痛みを伝える器官です。

むし歯が大きくなって治療するときに

“神経を抜いた”とか“神経を取った”と言います。

痛みを伝える器官を取ってしまうことを

神経を抜いたとか神経を取ったと表現します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その痛みを伝える神経をとれば

スッキリ痛みは治まるはず・・・って思いますよね。

 

ところが・・・

歯の痛みはそう単純ではないのです。

神経を取れば痛みがスッキリ!じゃありません💦

 

何故って・・・

歯の痛みを感じるセンサーは

歯の内側にある歯髄だけではないからです。

歯の外側の歯根膜や歯槽骨など

色々なところに痛みを感じるセンサーがあるのです。

 

また・・

お口の周囲にはさまざまな神経があります。

歯・歯ぐき・頬・舌・口腔底

咀嚼筋の周囲・顎関節・鼻腔・顎の骨など

痛みを感じるセンサーがいっぱい!

その全てが三叉神経とつながって

情報が脳へと伝達されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

むし歯菌などの細菌に感染しておきた炎症が

歯の内側だけでなく

歯の外側にまで広がってしまっていたら

これらのセンサーが痛みをキャッチしてしまいます。

 

歯の神経を取っても

“まだ痛~い!!!”と感じることがあるのが

お解りいただけたでしょうか?

 

 

続いて・・・

神経(歯髄)をとる処置についてお話をします。

むし歯が歯の中で大きく広がってしまうと

歯根の中にある細い管の中にある歯髄を

細~い針を使って取り除く処置をします。

奥までキレイに掃除して

薬液で消毒します。

この処置を根管治療といいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

根管治療は歯を抜かずに残すための

最後の手段です!!

どんなに高度な技をもってしても

難しい治療です。

キレイに掃除して殺菌しキッチリと蓋をします。

しばらくすると・・

身体の抵抗力で歯の外側の炎症も

徐々に治まってきます。

残念ながら

なかなか痛みがとれない事もしばしばです。

 

どんなに細い針を使って

技術を駆使しても

歯の内側しか治療できません。

外側に起きた炎症部分まで

届かない事もあります。

 

これが・・・

“神経を取ったのになかなか痛みが引かない”の

原因です。

痛みや違和感が治まるまで

少し時間がかかってしまうのです。

 

患者さんの痛みが取れないと

歯科医師も辛いですものね。

 

 

本当に

むし歯の痛みは激烈ですよね。

 

でも・・・

“すごく痛かったのに、今は全然痛くない。

治療に行かなくても済んだ♥“というお話を

時々耳にします。

 

 

とんでもない思い違いです!!!

“むし歯は治療しないと絶対に自然治癒はしません!!”

 

痛みが消えたのは歯の内部の破壊が

進んでしまったからです。

むし歯が進行して

痛みを感じるセンサーの歯髄が死んでしまったのです。

一時静かになったむし歯は

深く進行していきます。

 

歯の周りに感染が広がり・・・

噛む刺激が加わったり

身体の抵抗力が落ちた時に

また突然激痛がっ!!

 

痛くなくなったからと

治療を先延ばしにしていると

恐ろしい痛みに襲われます。

歯を抜かなくてはいけなくなってしまいます。

 

むし歯は小さいうちに治療しましょうね。

そうすれば、痛みもなく、

時間もお金もかからず治療が終わります。

 

ご自分では発見しにくいむし歯もあります。

定期的にメンテナンスを受けていると

むし歯の早期発見とむし歯予防ができます。

さあ・・・

痛くならないうちに歯科医師へGO!!

 

次回は・・?

 

 

 

 

 

初診予約

再診・その他

無料メール相談

PAGE TOP