お問い合わせはこちらまで

フリーダイヤル

0800-111-4848

TEL

0896-23-3522

糖と脂肪のお話|四国中央の歯医者|坂田歯科医院

坂田歯科医院

TEL

MENU
お問合せ

よくあるご質問

坂田歯科ブログ

坂田歯科お知らせ

歯の豆知識

求人情報

糖と脂肪のお話

こんにちは!

四国中央市 坂田歯科医院 児山です。

 

風が冷たくなってきましたね。

瀬戸内海沿岸で温暖な気候の四国中央市でも

朝晩の冷え込みが厳しくなってきました。

 

スタッフの○○○テック着用率が

ぐんぐんと上がってきています。

 

何しろDHスタッフ達は冷え性で(笑)

“寒~い。手足が冷える~”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも・・・

患者さんに冷たい手が触れるといけないので

カイロで手を温めたり

熱い白湯を飲んで体の中から温めてから

患者さんに施術をしています。

本当に優しいDHばかりです。

 

さて・・・

今回は・・・

CMでもよく聞く

糖と脂肪のお話をしようと思います。

 

といっても・・・

食事と一緒に飲む○○ではありません。

 

“歯を失ってしまうと糖質過多になりますよ~”

“糖質過多は色々な病気を招きますよ~”というお話です。

 

ところで・・・

あなたの歯は奥歯まで全部揃っていますか?

 

お食事のたびに

“噛みにくいなぁ“とか

“以前は固いものも食べられていたのに・・・”とか

“好きなものだけど食べにくいなぁ”とか

噛むことに不自由していらっしゃいませんか?

 

え? 

奥歯がないことに、もう慣れた?

“歯がなくても軟らかいものを食べているから平気~♥”

なんて人はいませんか??

 

奥歯を失ってしまうと・・・

咀嚼機能が低下します。

咀嚼機能が低下してしまうと

ついつい・・・

軟らかくて食べやすいものを中心に

お食事をするようになってしまいます。

 

例えば・・・

うどんやラーメンなどの麺類や

カレーライスなど

よく噛めなくても食べやすい食べ物です。

手軽に満腹感が得られます。

 

“歯が無くて噛めない“というストレスから解放されます。

 

ところが・・・

こういった食品は糖質が多く

カロリーオーバーになりやすいのです。

 

ちゃんとお食事をとっているつもりでも

タンパク質やビタミン、ミネラル、食物繊維が不足して

深刻な栄養不足になってしまいます。

 

つまり・・・

糖質過多は・・・

肥満につながりやすく、

タンパク質不足になり

筋肉が減少してしまいます。

筋肉だけでなく・・・

骨量も減りコラーゲン量も減りやすくなるのです。

 

この結果・・・・

糖尿病や脳梗塞、心筋梗塞の原因となります。

 

また・・・

体力低下(サルコペニア)の原因にもなります。

 

サルコペニアとは・・・

加齢によって生じる筋肉量、筋力低下の事です。

運動機能の低下によって

転倒して骨折や

寝たきりということになるのです。

怖いですねっ!!

 

本当に・・・

普段のお食事って大切ですね。

まんべんなく栄養を取れるように

何でも噛めるお口にしておきましょう!!!

 

 

ここで・・・

食品の咬度表を見てください。

数字が大きいほど噛みにくい食品です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この図の数字の46が噛みにくいと

お食事が糖質よりになっているということです。

 

歯ごたえのあるものを召し上がっていますか??

苦手な食品は図のどのあたりですか??

 

ところで・・・

奥歯を失うことで食べられなくなる食材は何でしょうか?

 

それはね・・・

“肉と野菜”です。

 

肉=タンパク質

筋肉や血管を作る大切なたんぱく質です。

 

野菜=ビタミン・ミネラル

タンパク質の吸収を助けます。

お食事の時に・・・

お肉や野菜が噛みにくくて苦手になっていませんか?

 

軟らかい糖質の多いものばかり食べていると

糖質過多・低タンパク質・低ビタミン

低ミネラルに陥って健康に害を及ぼします。

 

健康維持に必要な1日分のタンパク質は

適正体重(身長x身長x2.2g)x0.001です

適正体重50kgの人には毎日50gのタンパク質が必要です。

1切れ・牛乳200g・卵1個・魚1切れ

納豆1パック・大豆だと豆腐1/2丁  

こんな感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では・・

野菜の量はどのくらいでしょう??

1350gが推奨されている量です。

緑黄色野菜120gと淡色野菜230

両手がいっぱいになるくらいの量です。

結構大変な量ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1日にこれだけの量が必要なのですから

よく噛めるお口にしておかないとね。

 

年齢を重ねるほどお口の健康が

体の健康に大きく影響します。

 

ご自分では気づかないうちに

大切な奥歯に問題が生じているかもしれません。

 

 

歯科医院でむし歯や歯周病のチェックをして

歯を失ってしまわないように・・・

奥歯で何でも噛める状態を維持して

健康な生活を送りましょう。

 

治療が終わってよく噛めるようになると

お食事の楽しみが増えます。

何でも噛めるからと

今まで我慢していた食べ物を

たくさん食べてしまうと

あっという間に3kg増!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなことになってしまっては大変です。

 

軟らかいものばかり食べていた頃の癖で

よく噛まずに流し込むように食べてしまいがちです。

たくさん食べ過ぎてしまうのですね。

 

せっかく何でも食べられるようになったのですから

肉・野菜もバランスよく食べて

体重のコントロールもして

健康な生活をしましょう。

 

栄養指導を受けるのも良いことかと思います。

 

噛めるお口を取り戻し

食生活も改善して

病気にならないからだ作りを・・・

 

 

 

でも・・・

確かにふわふわした軟らかいものって美味しいですよね~

 

坂田歯科医院には・・・

隔週の木曜日のお昼休みに

高知の“くまのパン屋さん“が

移動販売に来てくれています。

 

女子の好きそうな可愛い

軟らか~い、甘~いパンがい~~~~っぱい。

ついついたくさん買ってしまいます。

みんなでカロリーオーバー💦

 

 

だって・・

“風邪をひかないように

栄養を取っておかないとね~“などと言いつつ(笑)

 

 

 

冬将軍がそこまで来ています。

どうぞ皆さま

インフルエンザには気を付けて・・・

うがい・手洗い・歯みがき!!

 

それではまた次回・・・

 

あ~ 美味しい物が多すぎる・・・

 

 

初診予約

再診・その他

無料メール相談

PAGE TOP