お問い合わせはこちらまで

フリーダイヤル

0800-111-4848

TEL

0896-23-3522

糖尿病と歯周病|愛媛県四国中央市の歯医者 三島中央の歯医者 坂田歯科医院

坂田歯科医院
坂田歯科医院フリーダイヤル:0800-111-4848 TEL:0896-23-3522
坂田歯科医院 無料メール相談

TEL

MENU
お問合せ

よくあるご質問

坂田歯科ブログ

坂田歯科お知らせ

歯の豆知識

求人情報

糖尿病と歯周病

こんにちは(^-^)

四国中央市 坂田歯科医院 児山です。

 

GWはいかがお過ごしでしたか?

今年は晴れたり曇ったり

雨が降ったりで

せっかくの休日の計画が

ダメになった方もいらっしゃることでしょう・・・

その上・・・ 

日々の寒暖差が大きくて

体調を崩してしまっていませんか?

今年は本当に暑かったり寒かったり・・・

一体今は何月???って感じですねぇ。

 

さて今回は・・・

歯周病と糖尿病の関りについてお話をします。

 

こんな話を聞いたことがありますか?

糖尿病の人は歯周病になりやすく、

歯周病になっていると糖尿病が悪化しやすい。

 

糖尿病は・・

ご存知の通り代表的な生活習慣病で、

多くの合併症を引き起こす怖い病気です。

 

その合併症として

腎症・網膜症・神経症が3大合併症として挙げられます。

 

あまり知られていないと思いますが・・・

歯周病は糖尿病合併症の第6位です💦

 

つまり歯周病と糖尿病は密接な相互関係にあるのです。

 

ということは・・・

歯周病の治療をすることが

糖尿病のコントロール改善に繋がるということですね。

 

歯周病は・・・

歯肉ポケットに入り込んで繁殖した

細菌によっておこる慢性の炎症性疾患です。

 

発症や進行には遺伝的因子・環境的因子

からだの抵抗力が関係しています。

 

全身感染症に比べると軽めの炎症ですが

慢性化することでじわじわと

全身に悪い影響を及ぼします。

 

歯周病関連細菌から出される毒素が

歯肉から血管内に入り込みます。

その毒素が血糖値を押さえるホルモン、

インスリンの働きを悪くさせてしまうのです。

インスリンの働きが悪くなると

高血糖の状態が続き

糖尿病が悪化してしまうのです。

 

また歯周病になると

“よく噛んで食事をする“ということが困難になります。

糖尿病の栄養指導には・・・

“野菜を多めに、良く噛んでゆっくり食べる“が

重要視されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが・・・

歯周病によって歯が悪くなると

噛むことが困難になります。

そこで・・・

軟らかく、味の濃いものを

よく噛まずに食べるようになるそうです。

歯の状態がよくない事が

糖尿病の治療の妨げの一因となってしまうのですね。

では・・・

歯周病を治療する事で

本当に糖尿病が改善されるのでしょうか?

 

広島大学と広島県歯科医師会が

歯周病のある糖尿病患者を対象にした研究で

歯周病の炎症が強い患者ほど

治療後にHbA1cが改善されることが

明らかになりました。

 

糖尿病の患者さんに

“積極的に歯周病治療を勧めることが

血糖コントロールに繋がる“ということを

説明し、ご納得いただく事が

歯科医院にも必要になってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

歯科医院では・・・

血糖値測定をしなくても

お口の中の状態を見ることで

歯ぐきからの出血、腫れ、

歯のぐらつき、強い口臭、

舌が乾く、ネバネバするなどの

糖尿病の症状を発見することができます。

 

歯科を受診された患者さんに・・・

“お口の中がこの状態なら糖尿病かもしれませんね。

内科も受診されたほうがよろしいかも・・”と

内科で糖尿病の検査をすることをお勧めすることもできます。

 

 

他にも怖い事に・・・

糖尿病は血管も痛めてしまいます。

血管が傷んでしまうと

全身の隅々に栄養を運ぶ血流を滞らせてしまうので

全身の免疫力も低下させてしまいます。

 

もちろん・・・

お口の中の歯ぐきも血流の影響をうけます。

歯と歯ぐきの中にも血管がありますものね。

 

 

 

 

 

 

 

 

また、糖尿病の影響で

免疫力が低下すると、

脱水が起こり

唾液の量も減ります。

お口の中が乾くことによって

歯周病の細菌感染が広がりやすくなってしまいます。

 

糖尿病になると歯周病になりやすく・・・

歯周病だと糖尿病が悪化しやすい・・・

本当に困った悪循環ですね。

 

じゃあ・・・

歯周病の治療と糖尿病の治療の

どちらを優先すればいいのかと迷ってしまいますよね。

 

答えは簡単!!

一緒に治療すればいいのです。

 

内科と歯科が連携して

それぞれを一緒に治療をして

歯周病と糖尿病の悪循環を

断ち切りましょう。

 

キチンと歯の治療をすることで

全身の健康も守ることが出来るのです。

 

ところで・・・・

あなたのお口の中は大丈夫ですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

ネバネバ、グラグラ、口臭・・

歯周病の症状です。

このような症状はありませんか?

 

少しでも気になることがあれば

歯科を受診してみて下さい。

糖尿病の方は特にご注意ください。

 

 

梅雨はすぐそこまで来ているようです・・・・

またジメジメ蒸し暑い日が続くのかなぁ・・・・

 

では、また次回・・・

 

 

 


 

 

PAGE TOP