お問い合わせはこちらまで

フリーダイヤル

0800-111-4848

TEL

0896-23-3522

フッ素について|愛媛県四国中央市の歯医者 三島中央の歯医者 坂田歯科医院

坂田歯科医院
坂田歯科医院フリーダイヤル:0800-111-4848 TEL:0896-23-3522
坂田歯科医院 無料メール相談

TEL

MENU

フッ素について

フッ素の虫歯予防効果

フッ化物の虫歯予防効果は大きく、世界各国で様々な研究がされています。
フッ化物の正しい知識を持って、虫歯予防のひとつとして取り入れてましょう!

フッ素とは

フッ素は我々の身体を構成する微量元素であり、自然界のいたるところ(動植物、大気、降水、河川水、海水、土壌中)に存在しています。

フッ素は自然の栄養素。どんな食べ物にも含まれている

世界のフッ化物利用状況

フッ素の使い方

フッ化物歯面塗布(濃度9000ppm)予防効果30~40%

歯科医院で歯科医師、歯科衛生士が行う方法です。
萌出後の歯のエナメル質表面に直接高濃度のフッ化物を作用させることによって、歯を硬くし、虫歯になりにくくする方法です。
3~6ヶ月に一度の塗布が必要になります。
小児だけでなく大人の根面う蝕の予防としても実施されています。

フッ化物洗口(濃度225~450ppm)予防効果50~80%

フッ化物でぶくぶくうがいをするという、お家や学校で、簡単に短時間で実施できる方法です。
低濃度のフッ素を頻回作用させることにより歯を溶けにくくしたり、溶けてしまったものを元に戻したりすることで虫歯になりにくくします。

4歳児から成人、老人まで広く適用されます。
とくに、4歳児から14歳までの期間に実施すると、う蝕予防対策として最も大きな効果があります。
「毎日法」と「週一回法」があります。

フッ化物配合歯磨剤(濃度1000ppm未満)予防効果20~30%

毎日の歯磨きの時にフッ素入り歯磨き粉を使用することで虫歯予防効果が現れます。
低濃度のフッ素を頻回作用させることにより歯を溶けにくくしたり、溶けてしまったものを元に戻したりすることで虫歯になりにくくします。
歯の萌出直後から老人まで幅広く使用できます。

フッ素摂取量と中毒発現

急性中毒

1度に大量の化学物質を摂取した場合嘔吐、下痢、腹痛が起こることがあります。
体重1kgに対し2mgのフッ素を摂取した場合

応急処置

カルシウム製剤(牛乳)を飲まし病院へ連れて行く。

慢性中毒

ある程度の化学物質を長期間摂取した場合に起こる。

歯のフッ素症(班状歯)

歯の石灰化期に(出生時~約8年間)にある濃度以上のフッ素を全身的に摂取した場合起こる。

フッ素入り商品のご紹介

歯面塗布剤

歯面塗布剤

歯科医院で使用するフッ素の塗布剤です。

洗口剤

洗口剤

歯磨き後、指定された量で30秒~1分程度、ぶくぶくうがいをします。
うがいをするだけなので、誰にでも簡単にでき、予防効果がもっとも高い方法です。

フッ化物配合歯磨剤

歯磨き剤です。
フッ素の予防効果を出来るだけ残すために、歯磨き後、1回程度のうがいにとどめておくことがポイントです。

フッ化物配合歯磨剤

フッ素ジェル

フッ素ジェル(歯磨きをしてうがいをした後、ジェルを塗りつけます。うがいは必要ありません。)

どの方法でも、歯磨き後30分程度は飲食をしない事がポイントです。
フッ素が流れてしまわないよう、30分程度、飲食は控えましょう。

フッ素Q&A

患者様からよくある質問をご紹介します。
質問をクリックすると回答をご覧いただけます。

  • フッ化物洗口はいつ頃から始めればよいのでしょうか?
    また、大人が洗口して効果がありますか?
  • フッ化物洗口で歯に色が着くようなことはありませんか?
  • フッ化物洗口は本当に安全ですか?
  • う蝕予防のためのフッ化物の利用について専門機関はどのような意見をもっていますか?
  • 自然界にフッ素はどのくらい存在しているのですか?
    また自然界に存在するフッ化物と虫歯予防に使用するフッ化物は同じものですか?
  • 食品にフッ化物はどのぐらい含まれていますか?
    虫歯予防するためには、毎日どのぐらいのフッ素が必要ですか。
  • フッ化物には虫歯予防以外に有益な作用がありますか。
  • フッ素は劇薬と聞きましたが使用しても問題ありませんか?
  • フッ化物歯面塗付を繰り返すことによって、歯のフッ素症は生じませんか?
  • フッ素歯面塗布は年に何回行えば良いですか?
  • 虫歯があってもフッ化物歯面塗布は効果的ですか?
  • フッ化物洗口は一日の生活の中でいつ実施したらいいですか?
  • フッ化物洗口を行ってはいけない病気はありますか?
  • ぶくぶくうがいによるフッ化物洗口ができない低年齢児に実施できるフッ化物応用法にはどんなものがありますか?
  • 歯磨き剤は使わないほうがいいとか、あまりつけないほうが良いという話をよく耳にします。
    それでもフッ化物配合歯磨剤を使ったほうが良いのでしょうか?
  • 歯磨剤を使っているのですが、フッ化物が配合されているかどうか見分けるにはどうしたら良いのでしょうか?
  • フッ化物配合歯磨剤は何歳ぐらいから使用すべきですか?

PAGE TOP