お問い合わせはこちらまで

フリーダイヤル

0800-111-4848

TEL

0896-23-3522

歯周病治療|愛媛県四国中央市の歯医者 三島中央の歯医者 坂田歯科医院

坂田歯科医院
坂田歯科医院フリーダイヤル:0800-111-4848 TEL:0896-23-3522
坂田歯科医院 無料メール相談

TEL

MENU

歯周病治療

歯周病も虫歯と同じように、お口の中の細菌によって引き起こされる病気です。
お口の中の数種類の細菌による、複合感染により発病します。

どのようにして歯周病が進んでしまうのか解説していきましょう。

  1. お口の中の細菌が集まり、「プラーク」をつくり、「バイオフィルム」を形成します。
    このプラークとバイオフィルムによって、歯肉に炎症が起こります。この状態を「歯肉炎」といいます。
  2. 「歯肉炎」の状態を放置すると、歯肉の炎症が顎の骨にまで波及し、顎の骨が溶け、歯周ポケット(歯肉の溝)が形成されます。
    このように顎の骨まで炎症が達してしまった状態を「歯周炎」といいます。
  3. 歯周病が進行すると、顎の骨がどんどん溶けていき、やがて歯がグラグラ揺れだし、抜け落ちてしまう場合もあります。
    歯周病の恐ろしいところは、顎の骨が溶けだしても、虫歯と違い、ほとんど痛みなどの自覚症状がないことです。

歯周病の進行

歯周病の進行

歯周病を予防するには、虫歯と同様に、徹底したプラークコントロールが必要となります。
プラークを除去し、口腔内の細菌数を低く一定に抑えることで、歯周病を防ぐことができるのです。

そのためには、歯科医師や歯科衛生士といったプロによる歯磨き(ブラッシング)の指導を受けることが必須です。
またスケーリング(歯石の除去)を受けて、一度口腔内環境をリセットしてから、正しい歯磨き方法でプラークコントロールを行うことができれば、さらに良いでしょう。

よくある質問はこちら

PAGE TOP