ホワイトニング

キービジュアル

イメージ

歯を白くきれいにする
「ホワイトニング」以外
次の取り組みも行っています。

  • 「歯の内部の変色」除去
  • 「歯の表面の白い濁り」除去
  • 「歯肉の黒ずみ」除去
  • 「ほうれい線」除去

口元全体の「美のプロデュース」

イメージ2

口元の美を追求する方法は「ホワイトニング」だけではありません。

例えば、ホワイトニングでは対応できない歯の内部の変色を除去する「ウォーキングブリーチ」、ホワイトスポットと呼ばれる白い濁りを除去する「アイコン(Icon)」、歯肉の黒ずみを除去する「ガムブリーチ」、ほうれい線を除去する「ヒアルロン酸注入」。

それぞれをご紹介します。

歯を綺麗なホワイトにする「ホワイトニング

  • 治療前
  • 治療後

※ホワイトニングで歯を白くしたケース。
人によっては滲みることがある。

松風

当院では、唯一、厚生労働省の認可を受けている「松風ハイライト」を使用しています。
歯に薬剤を塗りプラズマ光を照射することで、短時間で歯を白くします。

後戻りが早いことや、光の当たらない奥歯は白くなりませんが、できるだけお手軽に白い歯が欲しい方にはお勧めです。

歯の内部の変色を除去する「ウォーキングブリーチ

  • 治療前
  • 治療後

※ウォーキングブリーチで歯の内部を
ホワイトニングしたケース。

  • 治療前
  • 治療後

※ウォーキングブリーチで歯の内部を
ホワイトニングしたケース。

神経の治療をすると、歯の内部が変色し、その色が歯の表面にでてくることがあります。そのような場合に、歯の内部に漂白剤を入れ、内側から漂白します。

歯の表面の白濁を除去する「アイコン(Icon)

  • 治療前
  • 治療後

※アイコンで歯の白濁を除去したケース。

生まれつき白い部分がある」「ホワイトニングをしたら白い斑点が出てきた」「矯正後ブラケットを外したら白くなった」などのお悩みがよくあります。

アイコン

これまでは、歯を削り、色を合わせてプラスチックを詰める方法ぐらいしかありませんでした。しかし、この方法では、健康な歯を削る必要があり、時間の経過とともにプラスチックが変色してしまうため、あまりお勧めはしていませんでした。

しかし最近では特殊な薬剤(icon)が開発され、これを利用することで簡単に白濁を除去できるようになりました。

1回の来院で終了し、歯を削る必要もほとんどありません。
※重度の白濁の場合、歯の表面を1層削った方が効果が高くなります。

歯肉の黒ずみ除去「ガムブリーチ」

  • 治療前
  • 治療後

※ガムブリーチで歯肉の黒ずみを
除去したケース。

タバコやコーヒー、紅茶等の着色性のある嗜好品を常時利用していると、歯肉が徐々に黒ずんでいきます。

あまり知られていませんが、この黒ずみは歯科医院で除去できます

特殊な薬剤を歯肉に塗り、ピーリング作用で黒ずみを除去します。
そうすると、もとの綺麗なピンク色の歯肉がよみがえります。

「ヒアルロン酸」によるほうれい線の除去

  • 治療前
  • 治療後

※ヒアルロン酸で
ほうれい線を除去したケース。

お口の中から、歯科用の麻酔で施術できるので、痛みも僅かで済みます
効果は半年~1年ほどもちます。

口元を綺麗にする方法は、他にもあります!

会話

セラミック

主に「薬剤」を利用した施術をご紹介してきましたが、薬剤ではなく「セラミック素材」を利用した治療もあります。

詳細は「1day審美治療」をご参照ください。

ホワイトニングには「白さの限界」がありますが、セラミックを用いた治療はその「限界がありません」。ケースによっては芸能人のような真っ白な歯にすることもできます。

また、セラミックの被せ物を利用することで「歯の形」や「歯並び」も整えることができます。

院長

口元の美しさは、歯の色だけではありません。
歯の形や歯並びも美しさの要素の1つになります。

当院では、口元全体の美を達成するためのプロデュースも行っていますので、興味のある方は是非お問い合わせください。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

WEB予約

お問い合わせ・ご予約は

0800-111-4848

繋がりにくい場合はこちら

0896-23-3522

伊予三島駅から徒歩5分

このページの先頭に戻る